▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ
京福電鉄福井支社永平寺線
終点永平寺駅
現在のえちぜん鉄道の前身、京福電鉄最新にして最後の廃止路線がこの永平寺線。もともと国鉄金津駅(現JR芦原温泉駅)を始発としていましたが、昭和44年に京福電鉄越前本線接続駅である東古市駅以降を残して廃止されました。その結果廃止時点ではわずか4駅から構成される、永平寺町の町域内のみを走る路線となっていました。
この路線の一番の存在理由は終着の永平寺駅。曹洞宗総本山永平寺の目の前にあった駅と越前本線を介して福井駅、ひいてはJR線に接続していた観光色の強い路線でした。しかしその参拝客の足も次第に観光バスに奪われ、京福電鉄の廃止対象路線に。さらには京福電鉄が鉄道事業の撤退を申請していた平成12年と13年、越前本線内で二度に渡る列車衝突事故が起き、それをきっかけに京福電鉄全線が運行休止、そしてその運休中の平成14年、永平寺線のみ廃止が決定されました。残る越前本線と三国芦原線がえちぜん鉄道移行のため整備が進む中、永平寺線のみが線路を剥がされ、77年の歴史にピリオドが打たれたのでした。

駅名 駅舎 所在地 のりかえ
代表駅 市区町村 都道府県
永平寺線
東古市 木造 永平寺町 福井県 えち鉄
諏訪間
京善
市野々
なし
なし
なし
永平寺 木造  
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
<凡例>
代表駅;■(都道府県代表駅)、●(市区代表駅)、○(町村代表駅)、△(町村代表駅「らしき」駅)
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ