▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲立ち食いそばINDEXへ  ▲「駅と駅構内」石動駅へ
石動駅(あいの風とやま鉄道)「麺類食堂」
国鉄・JR時代からの駅そば屋。このページにはJR時代のものを既に掲載しているのでどうかとは思いましたが、店名は変わっていませんが暖簾の「西日本キオスク」の文字が消えているので。オーナーが変わったのかもしれません。ホーム側からの利用は現在も可能で、駅前側から、駅利用者ではない客が相変わらず多いのも以前と同じ。旧北陸本線ホームから続々消えている立ち食いそばがホーム上で提供される貴重な店ですが、その稀少性はさらに増しています。(H27.8撮影)

駅舎の脇にある独立した店舗。暖簾が変わった以外はJR時代と変わっていません。 「天玉そば」。富山県でも西部はダシが金沢と同じ系統で馴染み深く、美味いです。そう言えば器はJR時代とは変わったか…?
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲立ち食いそばINDEXへ  ▲「駅と駅構内」石動駅へ