▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲旅の記憶、旅の記録INDEXへ  ▲「駅と駅構内」福井駅へ
福井駅高架化前夜 その1 

平成17年4月18日(月)、JR福井駅の高架駅が開業しました。実はその正確な期日はろくすっぽ把握していなかったのですが、思えばこうした「駅の取材」を始めてから、自分の近辺では小松駅、東金沢駅、森本駅が相次いで改築オープンしており、その時は「まぁ出来上がったら「取材」に行こうか」などと暢気に構えており、今となって後悔している次第です。
そしてもう一つ、実はその日が近づいた頃、「所長」から「開業当日の弾丸取材
」の連絡が入りました。「北陸支所」を標榜する以上、これを「喰われては」逆に「所長」に申し訳がない。とは言え当日の月曜日の「取材」は流石にムリ。ということで、開業当日は「本店」にまかせ、支所の方では、画像を中心に簡単に、日曜日のその開業前夜の様子をお届けしたいと思います。

ホームから駅舎への通路。工事フェンスは撤去され、新駅のコンコースが姿を現していました。
当然まだ立ち入り禁止ながら、新駅のコンコース。奥に改札口が見えます。
コンコースには今庄そばの新店舗が出来ていました。改札上の列車案内LED板も試運転か、点灯中。
左の画像の反対側は「新駅ビル“プリズムふくい”」の入口。右隣にコンビニ「ちゃお」がありました。
新駅の窓越しに、地平ホームに入線するサンダーバード。明日からは線路はこの天井の上になります。
新駅舎玄関。新駅舎は旧駅舎とホームとの間にあり、旧駅舎が解体されない限りこの玄関は使用されません。
ホームと駅舎を結ぶ通路には、明日の開業を前に福井県内の鉄道の沿革写真を展示していました。
改札脇には開業カウントダウン看板が「01日」を示していました。奥では式典会場の設営中。
駅舎内の様子。新駅開業後も「通路」としてしばらくは残る様子。
新旧駅舎とホームの位置関係はこんな感じ。グレーが旧駅、黄緑が新駅。
▼その2へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲旅の記憶、旅の記録INDEXへ  ▲「駅と駅構内」福井駅へ