▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲山田線の駅INDEXへ
吉里吉里 KIRIKIRI
大槌町東部の住宅地にある駅。昭和56年に井上ひさしの小説「吉里吉里人」がベストセラーとなり一躍名を馳せました(小説の設定はこの地ではないようです)。海に近く、東日本大震災では吉里吉里地区も甚大な被害が出ましたが、駅自体は高台にあり、被災を免れています。

山田「山線」でも見られた大人しい形状の木造駅舎。色合いも大人しいですが、塗装パターンは凝っています。震災被害はありませんでしたが老朽化により平成18年ごろ解体されているようです。(H17.8撮影)
駅前にあった、これは売店なのでしょう。閉まっていましたが。 木製の駅名板。一枚板を使用しています。ちょっとコミックタッチな書体です。
駅舎内。窓口跡がありますが使用していません。無人駅です。駅舎脇に駅舎を通らない終日開放の夜間出入口もあります。 ホームは築堤上にあり、駅舎からはこの階段を介します。結構急な階段です。
ホームは1面1線。緩やかにカーブしています。 使用されなくなった対向ホームが残っています。駅舎より高いホームですが、裏手に同レベル以上の民家が建ち並びます。
ホーム上の待合室。駅舎が撤去され、現在はここに簡易駅舎があるのだとか。 エスペラント語の駅愛称。この駅は「レジョランド(王国)」です。
駅データ
駅名 吉里吉里(きりきり)
所在地 岩手県上閉伊郡大槌町吉里吉里4
隣駅 ←浪板海岸 大槌→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲山田線の駅INDEXへ