▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲山田線の駅INDEXへ
岩手船越 IWATE-FUNAKOSHI
山田湾と船越湾の湾岸中間の、船越半島基部の駅。本州最東端の駅です。内陸の駅ですが豊間根駅付近のような峠ではなく、砂州の低地帯です。両湾からの距離も近いですが、幸い津波被害はなかったようです。

待合室のみの簡易駅舎ですが、近辺でよく見る標準スタイルではなく、ハウス型で、キャパも多いです。平成15年の改築です。(H17.8撮影)
改築が路線の他の簡易駅舎より若干遅いためか、駅名板のデザインも他と異なります。 ホームは2面2線です。
留置線と専用ホームがあります。これは郵便輸送の名残だそうです。 ホームは若干の千鳥配置で、下り方面乗り場へは、経路は大きく迂回します。
駅データ
駅名 岩手船越(いわてふなこし)
所在地 岩手県下閉伊郡山田町船越
隣駅 ←織笠 浪板海岸→
備考
構内踏切から見た構内全景。
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲山田線の駅INDEXへ