▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲山田線の駅INDEXへ
津軽石 TSUGARUISHI
北東方向へ口を開く宮古湾の「突き当り」にある集落の駅。委託の有人駅です。至近を流れる津軽石川は本州で最も鮭が遡上する川です。東日本大震災で被災し、停車中の列車が流され、脱線しました。駅は現在も休止中です。

鮮やかな水色が特徴の木造駅舎。大屋根、小屋根、ハーフティンバーの柱などが水色に塗装されています。津波被害では躯体は残りましたが半壊状態となりました。(H17.8撮影)
木製の駅名板。花押のような独特な書体です。 ホームは2面2線。2番ホームにも待合室があります。
ホーム側から見た駅舎。やはり水色が鮮やかです。 両ホームを結ぶのは構内踏切。ホームはやや千鳥配置で、経路が長くなっています。
3番線跡と思しき留置線があります。 2番線側にも裏口があります。閉鎖可能ですが、特に閉められることはなさそうです。
駅データ
駅名 津軽石(つがるいし)
所在地 岩手県宮古市津軽石第5地割
隣駅 ←磯鶏 豊間根→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲山田線の駅INDEXへ