▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲山田線の駅INDEXへ
宮古 MIYAKO
岩手県沿岸部最大の市であり本州最東端の市、宮古市の代表駅。この駅を境に山田線はいわば山線と海線に性格を分け、海線側は三陸縦貫線と一端として本数が増えますが、現在震災被害により長期運休中です。

連続する二つの母屋を持つ大型の木造駅舎。旅客スペースは左側です。キオスク、駅そば屋と集札口が屋外の上屋下となる、どこか懐かしい構造の駅舎です。(H17.8撮影)
駅舎の左の上屋下にある集札口。トイレはさらに左の別棟で、大きな駅舎の割に機能が収まり切っていません。 駅舎内。窓口が改修されています。屋外に集札口がありますが、普段は改集札ともに駅舎内で行っているようです。
改札にあった、釜石線も含めた県都盛岡への経路・時刻案内。かつてこのルートを辿る循環急行「五葉」「そとやま」がありました。 ホームは2面3線。2番は岩泉線直通列車の折り返し列車のほか、三鉄北リアス線直通列車も使用します。
さすが漁業の盛んな街の駅。駅舎内や構内には大量の大漁旗がはためいています。 ホーム側面にはSLと鮭のイラストが描かれています。
1番線の上り方端から三陸鉄道乗り場へ出ることができます。 構内裏手には広い留置線があります。
駅データ
駅名 宮古(みやこ)
所在地 岩手県宮古市宮町1
隣駅 ←千徳 磯鶏→
他社線 三陸鉄道 宮古
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲山田線の駅INDEXへ