▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲山田線の駅INDEXへ
松草 MATSUKUSA
閉伊川沿いの小さな集落の駅。盛岡側から路線延伸した際、1年間だけ終着駅となっていましたが、現在はその面影も残らぬ小駅です。

駅舎、というか岩手県内に散見されるタイプの小さな待合室があります。集落より一段高い土手上です。(H17.8撮影)
駅と集落をむすぶ屋根つきの階段通路。駅前などはありません。 駅前の集落。廃屋も多く、通りかかったお婆さんが「みんな出て行った」と嘆いていました。
階段通路内。目が回りそうです。 ホーム入口は待合室の脇。フェンスが途切れています。
駅データ
駅名 松草(まつくさ)
所在地 岩手県宮古市区界
隣駅 ←区界 平津戸→
備考
ホームは1面1線。対向ホームがあったそうですが痕跡は相当に希薄です。
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲山田線の駅INDEXへ