▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲富山ライトレールの駅INDEXへ
岩瀬浜 IWASEHAMA
富山港線終点駅。ここまでの駅のような住宅密集地ではなく、また海水浴場や岩瀬運河の物産展時施設(カナル会館)などもあり、観光的側面もある駅です。駅施設の更新と共に岩瀬運河への遊歩道も整備されています。

ホームは1面1線。乗降ホームは分離していません。到着した列車は即折り返していきます。(H20.8撮影)
JR時代の駅舎は解体され、バス停を含むロータリーが整備されています。 城川原の本社施設、東岩瀬・競輪場前の旧駅舎を除くと、富山ライトレールの駅としては唯一密閉式の待合室があります。
ホームの目の前にバス停があります。バストの平面接続が出来、またそのために歩道は切り下げられていません。 バス停があるため片面ホームながら上屋は両向きのものが設置されています。
ホームの背板、駅前を向いたものは北前船をデザインしています。 JR時代からあった留置線が残されていました。電留線ではなく保線用でしょう。
富山港線の路線終端。 終端反対方向は岩瀬運河へのプロムナードとして新しく整備されました。
駅データ
駅名 岩瀬浜(いわせはま)
所在地 富山県富山市岩瀬天神町
隣駅 ←競輪場前
備考 JR時代の岩瀬浜駅へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲富山ライトレールの駅INDEXへ