▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲富山地方鉄道の駅INDEXへ
安野屋 YASUNOYA
神通川橋梁の袂にある電停。何ということのない一電停ですが、戸籍上ここまでが安野屋線、以降が呉羽線となります。平成24年に神通川橋詰から140メートル上り方へ移設されています。

複線で、上下別の安全地帯を持ちます。上下の乗り場は正対します。移設前は奥の電車のいる辺りに電停がありました。(H25.12撮影)
移設後は上屋とポリカーボネートの背板のある、都心線・富山ライトレール仕様の乗り場となりました。 上り方。隣の諏訪川原電停が見えています。
下り方。富山大橋架け替え工事が完了し、センターポール式の複線区間となりました。 電停脇には富山名物ますの寿司屋さん。余談ですがますの寿司は店により味も様々で、市民は各人のご贔屓店があるとか…。
移設前の頃の電停。安全地帯にはガードレールが設置されていました。上下の乗り場は千鳥配置でした。(H17.1撮影) 以前の電停下り方、架け替え前の富山大橋。軌道は単線で、また当時は両サイドから架線を張っていました。
駅データ
駅名 安野屋(やすのや)
所在地 富山県富山市安野屋1
隣駅 ←諏訪川原 富山トヨペット本社前→
備考  
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲富山地方鉄道の駅INDEXへ