▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲東北本線の駅INDEXへ
豊原 TOYOHARA
山間の無人地帯の駅。関東地方最北駅です。古くは下野豊原駅を名乗っており、その当時豊原駅は現在のサハリン州都ユジノサハリンスク駅でした。

妻面に入口のある木造駅舎です。隣の黒田原駅同様窓枠や大屋根の縁などが薄ピンク色に塗装されています。(H18.6撮影)
駅前の様子。大正期に下り方の白坂駅との間が路線変更しており、その際駅も移動したようです。 駅入口は階段となっています。駅舎前はそう広くはないですが、トイレや倉庫などがあります。
駅舎内。小さな窓口はありますが閉まっています。無人駅です。 ホームは1面2線。両脇に側線があった痕跡もありますが、一部を残して撤去してあります。
乗り場付近には短い上屋がかかり、小さな待合室があります。 長いホームは緩やかにカーブしており、ドア閉め用のモニターが設置されています。
駅データ
駅名 豊原(とよはら)
所在地 栃木県那須郡那須町大字豊原甲
隣駅 ←黒田原 白坂→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲東北本線の駅INDEXへ