▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲神岡鉄道の駅INDEXへ
奥飛騨温泉口
OKUHIDAONSENGUCHI
神岡線終点で、神岡鉄道の本社の置かれる駅です。駅名の奥飛騨温泉とはこの先にある平湯、新平湯、栃尾と言った温泉街を指すのでしょうが、それらはまだ数十キロ先の北アルプスの麓で、バスでアクセスします。

真新しい木造駅舎。神岡鉱山前駅から事務所が移転された際に新築されました。線路及び旧駅舎とは垂直の方向を向いています。(H17.9撮影)
駅舎新築時だと思いますが、駅前の駐車場の入口に天然木を利用した社名&駅名板が設置されました。 駅舎内。改札も切符売場窓口もありません。左手は神岡鉄道総務部、右手は展示コーナーとなっています。男の子が一人、黙々とインターネットをしていました。
駅舎待合室。食卓のようなテーブルとイスのほか、囲炉裏のある小上がりもあります。 ホームは1面1線。留置線があり、胴体を刳り貫かれた貨車が保存してありました。
ホームあった、ターレットトラック。そう言えば最近見かけません。ノスタルジーを感じて一枚パチリ。しかし「立入禁止」? 七福神、ラストは布袋です。
こちらはCB造の旧駅舎。新駅舎ができても解体されなかった稀なケースです。喫茶店が入っています。 現役当時の旧駅舎入口。「ガラクタアートステーション」と銘打ち、妙な装飾が施されていました。これは平成12年頃の画像です。
駅データ
駅名 奥飛騨温泉口
(おくひだおんせんぐち)
所在地 岐阜県飛騨市神岡町東雲
隣駅 ←神岡大橋
備考 旧駅名;神岡
「ポスト」思い出ポストへ
「保存車両」KM-DE101へ
「廃線・廃駅」H29.10時点の駅跡へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲神岡鉄道の駅INDEXへ