▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲神岡鉄道の駅INDEXへ
茂住 MOZUMI
周囲に民家の見えない駅。すぐ横を流れる高原川が素晴らしい渓谷美を見せており、かなりの山中といった雰囲気ですが、川を渡った対岸の国道沿いには20戸前後の集落があります。神岡の誇る観測施設スーパーカミオカンデ最寄り駅でもあります。

この立地にして駅舎があるのは意外な感すらあります。しかも駅事務室も大きくかなり立派なもの。しかし無人化されて管理が行き届かないのか、荒れ気味で、屋根にも雑草が育っていました。正面をタイルで化粧したコンクリートブロック造。(H17.6撮影)
駅舎内。駅員がいても不思議ではない雰囲気ですが、実は真っ暗です。 これもまた意外なアイテム、駅スタンプ。しかもスタンプとスタンプ台が板の窪みにかっちり収まる中々秀逸な一品です。
ホームは1面1線。ホームの白線からもかつては交換施設があったことが伺えます。 七福神は福禄寿です。
ホーム右手側に交換線とさらに留置線もあったような形跡もあります。立地の割には広い構内です。 駅のすぐ脇を流れる高原川。北アルプスからの神通川の支流です。画面左手が茂住駅構内。
駅データ
駅名 茂住(もずみ)
所在地 岐阜県飛騨市神岡町西茂住
隣駅 ←飛騨中山 漆山→
備考 「廃線・廃駅」H29.10時点の駅跡へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲神岡鉄道の駅INDEXへ