▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ
島原鉄道
島原駅停車中の普通列車
JR長崎本線諫早駅から島原半島の東岸に沿って島原市の島原外港までを結ぶ、43.2キロの長崎県内路線。路線は元々さらに海沿いに深江、口之津を経由して加津佐まで達していましたが平成20年に廃線となっています。当時路線は南島原を境に通称北目線、南目線の通称があり、総距離78.5キロありました。
路線の敷設は北目線は明治期から大正初頭、南目線も口之津鉄道により大正期に敷設された歴史のある路線で、昭和期には国鉄線への直通運転も行われました。平成3年・4年に雲仙普賢岳の噴火活動による火砕流や土石流で南目線区間で路線が寸断され、平成5年から4年間島原外港〜深江間が長期運休となりました。この区間の復旧は噴火被害により大きなダメージを受けた地元の復興の象徴ともなりましたが、結局赤字に耐えきれず前述のとおり島原外港〜加津佐が平成20年に廃止。災害復旧間もない施設も10年あまりで廃止となってしまいました。残った区間は列車の増発を行い、積極策により増収を図っています。島原観光の重要な足であることは間違いないですが、やはり経営状況は悪く、現状は諫早への新幹線の到達に望みを託して耐え続けているといったところでしょう。

駅名 駅舎 所在地 備考
代表駅 市区町村 都道府県
島原鉄道線
諫早 RC/S 諫早市 長崎県 長崎大村線
本諫早 RC/S  
なし  
小野本町 RC/S  
干拓の里 なし  
森山 なし  
釜ノ鼻 簡易
諫早東高校前 なし
愛野 RC/S 雲仙市
阿母崎 なし
吾妻 RC/S
古部 RC/S
大正 なし
西郷 RC/S
神代町 RC/S
多比良町 RC/S
島鉄湯江 RC/S 島原市
大三東 簡易
松尾町 なし
三会 なし
島原 新RC/S
島鉄本社前 なし
南島原 木造
島原外港 なし
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
<凡例> 代表駅;■(都道府県代表駅)、●(市区代表駅)、○(町村代表駅)、△(町村代表駅「らしき」駅)
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ