▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ
石勝線
追分駅で離合する特急「スーパーおおぞら」とクリスタルエクスプレス
夕張炭鉱の石炭輸送を担った国鉄夕張線をベースに、昭和56年に根室本線新得へ抜ける十勝・釧路方面への短絡線として開業した路線です。路線の開業までは函館・札幌から同方面へは滝川から根室本線を起点から辿るルートで、約130キロもの短絡を実現しました。折しも当時、北海道の特急群の起点が函館から札幌へシフトしていた頃で、函館発の列車は南千歳〜札幌間44キロを重複運転するという措置が取られました。
路線は狩勝峠を含む山間区間を長大トンネルで抜けるルートで、現在においても駅間距離の極めて長い路線となった一方で、陸の孤島とも言えた占冠村に鉄路の利便を、トマム付近ではスキー場などのリゾート開発をもたらしました。現在においても札幌と道東を結ぶメインルートですが、路線の性格が中長距離に振られているため、石勝線として新規開通した区間は普通列車が設定されず、青春18切符の最初の特例区間となりました。
なお従来の夕張線は夕張支線として、夕張市内のローカル輸送を行っていますが、かつての炭鉱路線の痕跡のみを残し、空虚さを感じさせる区間となっています。

駅名 駅舎 所在地 のりかえ
代表駅 市区町村 都道府県
南千歳 橋上 千歳市 北海道 千歳線
追分 RC/S 安平町 室蘭本線
川端 簡易 由仁町
滝ノ上 簡易 夕張市
新夕張 RC/S 夕張支線
占冠 RC/S 占冠村
トマム RC/S
新得 木造 新得町 根室
(夕張支線)
新夕張 RC/S 夕張市 北海道 本線
沼ノ沢 RC/S
南清水沢 RC/S
清水沢 木造
鹿ノ谷 木造
夕張 新RC/S
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
<凡例> 代表駅;■(都道府県代表駅)、●(市区代表駅)、○(町村代表駅)、△(町村代表駅「らしき」駅)
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ