▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲札沼線の駅INDEXへ
石狩金沢 ISHIKARI-KANAZAWA
当別町北東部の小駅。国道沿いの田園地帯の駅です。この地を開墾した看守長の出身地が北陸金沢であったことからこの地名となったとのこと。もちろん個人的に気になる駅名であることは否定できません。

緩急車流用の駅舎。北海道のローカル駅に多い駅舎は札沼線も例外ではなく、この駅が起点から初めて登場する貨車駅舎です。(H24.1撮影)
駅前通り。雪が深すぎますが、突き当りが駅。この辺りに温泉もあります。 駅舎の脇に外向けの駅名標があります。
ホーム側から見た駅舎。テールランプも残っています。 駅舎内。内装の板張りがやや古くなっているように思います。
ホームは1面1線。駅舎はホーム端に接しています。 ホームから。見える建物はこの前を通る国道沿いのもの。その向こうに新篠津村の町村境があります。
駅データ
駅名 石狩金沢(いしかりかなざわ)
所在地 北海道石狩郡当別町金沢
隣駅 ←北海道医療大学 本中小屋→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲札沼線の駅INDEXへ