▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲山陽本線の駅INDEXへ
神代 KOJIRO
岩国以降丘陵が海岸線にせり出す地形で路線は海岸線を走りますが、この駅は小さな漁港のある山陽本線としてはごく小さな集落にあり、日平均利用者数が100人を切る小駅です。尚駅名の神代は市境を越えた柳井市の地区名です。

大屋根と庇が一体となった瓦屋根の木造駅舎。ノコギリカットの屋根形状が特徴で駅事務室の日除けにソテツが植わっています。その脇の丸ポストも良いアクセントです。(H19.9撮影)
駅前にあった開業画記念碑。請願駅として開業した経緯が記されています。 駅舎内。窓口跡はありますが無人駅です。券売機が置かれます。
ホームは2面2線。山側上りホームには裏山が直接接しているような圧迫感があります。 ホームから見た駅舎。架線柱が屋根を貫いています。
跨線橋から見た駅前。以前は駅前の商店で出札していました。その向こうには国道、そしてすぐ海。 ホームの山側には石碑と小便小僧も。しかし池も干上がり、「彼」も断水状態です。
駅データ
駅名 神代(こうじろ)
所在地 山口県岩国市由宇町神東
隣駅 ←由宇 大畠→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲山陽本線の駅INDEXへ