▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ
山陽本線
セノハチ専用補機EF67(八本松駅)
日本第一の国土軸太平洋ベルトの本州西半分を辿る幹線。神戸から、九州に渡る門司までの537.1キロの路線ですが、東海道本線と一体的に約1,250キロの大幹線を形成しています。尚下関が社境駅で、そのため大部分がJR西日本の路線ですが、関門トンネル区間と終点門司駅はJR九州の所属となります。
現状は東海道本線と同じく長距離輸送は新幹線に譲っているため優等列車は壊滅状態で、姫路までの大阪近郊圏と岡山、広島の各都市圏を中心とした短距離輸送に主眼を置いています。一方で250キロを超えるような長距離運行される普通列車が多いのも特徴で、全線複線以上(支線除く)で優等列車もほぼないので交換や退避もなく表定速度も高めです。また明治期、海上からの砲撃を避けるために海沿いの路線敷設は避けられてきましたが、面するのが内海であったためか、海を臨める区間も少なくありません。姫路以東の新快速も快適ですが、以西の各駅停車の旅も観光都市も多く中々楽しめる路線です。

駅名 駅舎 所在地 のりかえ
代表駅 市区町村 都道府県
神戸 高架 神戸市 兵庫県 東海道本線(JR西日本)
兵庫 高架 和田岬支線
新長田 高架
鷹取 築堤下
須磨海浜公園 橋上
須磨 橋上 山陽電鉄
塩屋 橋上 山陽電鉄
垂水 高架 山陽電鉄
舞子 橋上 山陽電鉄
朝霧 橋上 明石市
明石 高架 山陽電鉄
西明石 橋上 山陽新幹線
大久保 橋上
魚住 橋上
土山 橋上 播磨町
東加古川 橋上 加古川市
加古川 高架 加古川線
宝殿  橋上 高砂市
曽根  木造
ひめじ別所  新RC/S 姫路市
御着  木造
東姫路 新RC/S
姫路 高架 山陽新幹線播但線姫新線山陽電鉄
英賀保  木造
はりま勝原  橋上
網干  橋上
竜野  木造 たつの市
相生 橋上 相生市 山陽新幹線赤穂線
有年  木造 赤穂市
上郡 木造 上郡町 智頭急行
三石  木造 備前市 岡山県
吉永  木造
和気  RC/S 和気町
熊山  木造 赤磐市
万富  木造 岡山市
瀬戸  木造
上道  橋上
東岡山 木造 赤穂線
高島  RC/S
西川原  なし
岡山 駅ビル 山陽新幹線宇野線津山線吉備線岡山電気軌道
北長瀬  橋上
庭瀬  RC/S
中庄  橋上 倉敷市
倉敷 駅ビル 伯備線水島臨海鉄道
西阿知  木造
新倉敷 橋上 山陽新幹線
金光  木造 浅口市
鴨方 橋上
里庄  RC/S 里庄町
笠岡  RC/S 笠岡市
大門  木造 福山市 広島県
東福山  橋上
福山 高架 山陽新幹線福塩線
備後赤坂  木造
松永  橋上
東尾道  橋上 尾道市
尾道  RC/S
糸崎  木造 三原市
三原 高架 山陽新幹線呉線
本郷  橋上
河内  木造 東広島市
入野  RC/S
白市  木造
西高屋  木造
西条 変更 橋上
寺家 NEW 橋上
八本松  橋上
瀬野  橋上 広島市
中野東  橋上
安芸中野  RC/S
海田市 橋上 海田町 呉線
向洋  木造 府中町
天神川  新RC/S 広島市
広島 駅ビル 山陽新幹線芸備線広島電鉄
新白島 NEW 高架 広高速
横川 駅ビル 可部線広島電鉄
西広島 木造 広島電鉄
新井口 橋上 広島電鉄
五日市 橋上 広島電鉄
廿日市  RC/S 廿日市市
宮内串戸  橋上
阿品 橋上 広島電鉄
宮島口 RC/S 宮島航路広島電鉄
前空  橋上
大野浦  RC/S
玖波  木造 大竹市
大竹  RC/S
和木  新RC/S 和木町 山口県
岩国 木造 岩国市 岩徳線
南岩国  RC/S
藤生  RC/S
通津  木造
由宇  RC/S
神代  木造
大畠  木造 柳井市
柳井港  RC/S
柳井  RC/S
田布施  RC/S 田布施町
岩田  RC/S 光市
島田  RC/S
  RC/S
下松  RC/S 下松市
櫛ヶ浜 RC/S 周南市 岩徳線
徳山 駅ビル 山陽新幹線
新南陽  RC/S
福川  RC/S
戸田  木造
富海  木造 防府市
防府  高架
大道  橋上
四辻  木造 山口市
新山口 RC/S 山陽新幹線山口線宇部線
嘉川  RC/S
本由良  木造
厚東  RC/S
宇部 RC/S 宇部市 宇部線
小野田 RC/S 山陽小野田市 小野田線
厚狭  RC/S 山陽新幹線美祢線
埴生  RC/S
小月  RC/S 下関市
長府  橋上
新下関  RC/S 山陽新幹線
幡生 木造 山陰本線
下関  高架
門司  橋上 北九州市 福岡県 鹿児島本線
(和田岬支線)
兵庫 高架 神戸市 兵庫県 本線
和田岬 なし
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
<凡例> 代表駅;■(都道府県代表駅)、●(市区代表駅)、○(町村代表駅)、△(町村代表駅「らしき」駅)
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ