▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ
信木 NOBUKI
江の川の川縁にある駅。集落はこの駅を見下ろす段丘上にあるため、駅周囲に民家はありません。また対岸にも小さな集落がありますが、対岸への橋は至近にありません。

駅舎はありません。集落側を向くホーム待合室の背板に駅名表示がありますが、集落からの視認性は決して高くありません。(H19.5撮影)
集落から見た駅。丘を下る小路が駅への通路です。丁度小海線の佐久広瀬駅の立地に似ています。 ホーム入口。右手にある小屋はトイレです。ホームに面して江の川が流れています。
ホームは1面1線。オープン構造の小さな待合室があります。 元々両面ホームだった痕跡があります。ホーム入口は旧路盤跡を跨ぐものです。
待合室内部。喫煙所もここに。江の川と向かい合っており、川を眺めながら列車を待つことにあります。 ホーム上り方は鉄骨基礎で延長されたようですが、今は無用の長物。途中に「通せんぼ」があります。
駅データ
駅名 信木(のぶき)
所在地 広島県安芸高田市高宮町佐々部
隣駅 ←式敷 所木→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ