▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ
式敷 SHIKIJIKI
旧高宮町の代表駅ですが、旧高宮町の中心から大きく外れています。それでも駅前や江の川対岸には小さな商店を含めた集落があり、口羽から三次市街地までの間では最も活気があります。昭和38年まで三江南線の終着駅でした。

ガラス面の多いログハウス駅舎。町の設置によるものなのか、駅名表示はありません。駅前はそれなりに広くとられているのは旧終着駅のヤード跡地かもしれません。(H17.5撮影)
駅舎内は待合室とトイレがあるだけで窓口などはありません。 ホームから見た駅舎。構内踏切で結ばれています。
ホームは1面2線。路線最後の交換設備のある駅です。 芸備線など広島県内に多い「きのこ型」の上屋があります。以前はここに駅名表示があったのですが。
構内駅舎側には1線の留置線とホーム跡があります。 上屋から外れた位置にある時刻表。最閑散区間を外れた駅とは言え、口羽転回の1往復が増えただけ。一日上下5本ずつです。
駅データ
駅名 式敷(しきじき)
所在地 広島県安芸高田市高宮町佐々部
隣駅 ←香淀 信木→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ