▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ
江平 GOBIRA
江の川沿いの小駅。駅の周囲には民家は数えるほどしかなく、駅名である江平の集落は数百メートル上流にあります。V字峡の迫る細い通りに面したひっそりとした佇まいが個人的にはとても好きな駅です。(H30.3路線廃止により廃止となりました。)

駅舎はありません。ホーム上屋にも駅名表示があります。この右手は江の川が流れていますがホームの大半からは木立に隠れて川面は見えません。(H16.5撮影)
駅入口は小さな階段です。電柱に小さな駅名表示があります。 ホームは1面1線。狭いホームです。
上屋下にベンチがあり、トイレもあります。その間の小屋は、物置かと思ったら小さな待合室でした。 ホームから見た江の川と対岸への橋。対岸には国道が走りますがさしたる集落はありません。対岸は広島県です。
駅の全景。江平の集落はこの奥の方向です。一応直線区間ですが、旧南線区間はやはり最終開通区間より規格は低いです。 駅の遠望。似た立地の駅はこの先続きますが、立地の雰囲気はこの駅が抜群と思う、その要素は実は自分でも定かではないですが。
駅データ
駅名 江平(ごうびら)
所在地 島根県邑智郡邑南町上田
隣駅 ←口羽 作木口→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ