▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ
伊賀和志 IKAWASHI
鉄建公団敷設区間最後の駅。周辺はごく小さな集落ですが宿舎のようなアパートもあります。路線はこの駅前後で江の川を渡河しており、所在は広島県ですが両隣が島根県の駅という、全国でも珍しい「県境出戻り区間」の駅です。

駅舎はありません。土手上のホームへ上がる階段が駅入口。ホーム上にコンクリートブロック造の待合室がありますが、駅名表示はありません。(H25.4撮影)
駅前。左手が駅です。バイパス国道整備前の国道で、スピードを落として走るよう警告板があります。 ホームは1面1線です。上り方向を見ています。真っ直ぐ進んでトンネルに突入する、最終開通区間の特徴的な光景です。
下り方向もやはり直線でトンネルへ向かっています。 駅前には公営住宅と思しきアパートと、数軒の民家があります。
ホーム上の待合室。あまりに無骨で何か機器室のよう。 待合室内部。側窓が小さいことも息苦しさの要因の一つか。広島県ながら山間の積雪地で、除雪用具も置いてあります。
駅データ
駅名 伊賀和志(いかわし)
所在地 広島県三次市作木町伊賀和志
隣駅 ←宇都井 口羽→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ