▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ
沢谷 SAWADANI
全線に渡り江の川に沿う三江線が唯一支流の沢谷川沿いに逸れる地点にある駅。この駅から伊賀和志駅までが昭和50年の最終開通区間の駅で、似た構造の駅施設が並びます。(H30.3路線廃止により廃止となりました。)

駅舎のない駅です。ホーム上にコンクリートブロックむき出しの無骨な待合室があり、その背に駅名表示があります。(H25.4撮影)
駅前の県道沿いの駅。駅前に駐車帯があり、その上に駅があります。 駅前には車も寄り付けることができます。奥側は県道から、階段となっています。
駅入口は待合室脇の階段です。右手にあるのはトイレです。 ホームは1面1線。鉄建公団敷設区間らしい高規格な一直線の線路が延びています。
上り方。こうしてみると複線分の用地があるように見えます。敷設時の路線にかける夢が偲ばれます。 待合室内。コンクリートブロックの施設なので、やはり殺伐とした雰囲気です。
駅データ
駅名 沢谷(さわだに)
所在地 島根県邑智郡美郷町石原
隣駅 ←浜原 潮→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ