▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ
乙原 ONBARA
江の川が蛇行し、その分わずかに山間に入った地点にある駅。寺を中心とした、比較的まとまった集落の中にあります。(H30.3路線廃止により廃止となりました。)

駅舎はありません。ホーム上の待合室の背に駅名表示があります。駅前にちょっとした広みがあります。(H25.4撮影)
土手上のホームへの階段がホーム入口です。 ホームから見た駅前。沿線の駅としては集落は大きめです。
ホームは1面1線です。ホームは緩やかなカーブの内側にあります。 ホームの下り方へ通じるスロープもあります。決してバリアフリー仕様ではありません。
ホーム待合室は、沿線では珍しい「室内」のあるタイプです。 待合室内。田津や鹿賀などのような大型ではないですが、やはり利用者数に対しキャパは多いように思います。
駅データ
駅名 乙原(おんばら)
所在地 島根県邑智郡美郷町乙原
隣駅 ←竹 石見簗瀬→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ