▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ
石見川本 IWAMI-KAWAMOTO
川本町の中心駅で三江線の中間主要駅。唯一の有人管理駅です。鄙びた街並みながら沿線随一の「都会」の中心地区にある駅らしい駅です。旅情と郷愁が同居するような佇まいが、個人的に好きな駅です。

中間主要駅らしく沿線で最も貫禄のある大型の木造駅舎です。職員詰所や旅行センターを併設しています。(H17.5撮影)
駅前には大森銀山から大田方面、広島方面へのJRバスが出ています。 委託ながら出札窓口が営業しています。沿線唯一の券売機もありましたが現在は撤去されたようです。
駅舎内には区画された待合室もあります。バス待合にも利用されるのではないでしょうか。 ホームは2面2線。1番ホームのみ乗り場付近が緑と赤の警戒色が塗られています。
構内裏手には保線用の留置線と車庫があります。3番線はありません。 跨線橋から見た構内。2番ホームにも大きな上屋がかかり、待合室もあります。
長距離線ながら沿線に5つしかない交換駅の一つで、列車交換のための長時間停車も見られます。 駅前は市街部ですが裏手には江の川が流れます。しかし駅との間に築堤があるため、構内から川は見えません。
駅データ
駅名 石見川本(いわみかわもと)
所在地 島根県邑智郡川本町大字川本
隣駅 ←因原 木路原→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ