▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ
鹿賀 SHIKAGA
旧桜江町が隣の川本町や邑南町に食い込むような地点にある市町境の集落の駅。江の川堤防に面しています。

駅舎のない駅です。ホームに大きな待合室があり、その背に駅名表示があります。田津駅と似た施設ですが構内は築堤上ではなく、駅前よりやや低いレベルです。(H22.7撮影)
駅入口。自動車がギリギリ通れる程度の小路が直接ホームに繋がっています。 ホームは1面1線。奥の車道跨線橋は江の川対岸への橋からのものです。
待合室側面にあるのは昭和47年の洪水水位標。川縁の駅なのでその被害は想像するにも恐ろしいものがあります。 待合室内。やはり大型で、キャパも多いです。どの程度の活用されるのでしょうか。
待合室内に小さく駅の沿革がありました。請願駅であることが記されています。 近くの公道跨線橋から見た駅の全景。
駅データ
駅名 鹿賀(しかが)
所在地 島根県江津市桜江町鹿賀
隣駅 ←石見川越 因原→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲三江線の駅INDEXへ