▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲山陰本線の駅INDEXへ
浜田 HAMADA
島根県西部地区、石見地方の中心都市浜田市の代表駅。長らく東京からの直通列車も運転されていた歴史もあります。

平成21年改築の橋上駅舎。機能に比してやけに小さく見えた旧駅舎とは対照的に、妙に大きく見える施設です。1階に観光案内所があり、2階に窓口、改札があります。(H22.7撮影)
駅舎そのものの愛称なのか、観光案内所など入居施設の名なのか、「どんちっち浜っ子ステーション」という名がついています。 大きな施設の割には2階改札前コンコースはそう広くありません。2階には病院併設駅らしく薬局が入っています。
待合、コンコース。待合はあまり広くはありません。半橋上構造です。 改札口。窓口は別室ではなく、改札は1つだけという、駅規模に比してコンパクトですが、列車本数も減っているのでしょう。
ホームは2面3線。ホームは旧駅舎時代からのものですが、以前は地下道がありました。封鎖されたようです。 両方向に始発となる列車が多く、普通列車同士の接続も多く見られます。左が以東の、右が以西の列車です。
駅舎の橋上化により設置された北口。構内から通りを1本隔てています。 北口の先にも自由通路は延び、広大なヤード跡地に建てられた浜田医療センターに直結しています。
駅データ
駅名 浜田(はまだ)
所在地 島根県浜田市浅井町
隣駅 ←下府 西浜田→
備考 旧駅舎へ
「遺構」乗車位置案内へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲山陰本線の駅INDEXへ