▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲山陰本線の駅INDEXへ
松江 MATSUE
島根県の県都代表駅。松江の市街地が宍道湖の北岸に展開しているの対し、駅は南岸にあります。それなりに賑わった立地ではあるものの、市の中心地区には一畑電鉄の松江しんじ湖温泉駅の方が至近にあります。

高架駅です。高架化は昭和55年と電化より2年ほど早く、それまでは鳥取駅のような、珍しい非電化高架駅でした。(H22.7撮影)
正面口にあたる北口。バス乗り場やタクシー乗り場あり、地下道へ続くキャノピーなども整備されています。 こちらは南口。自家用車でのアクセス側で、駐車場や乗降場などがありますが、手狭な感じです。なぜかJR社章がありません。
駅舎内。コンコースから窓口改札廻りはやはりやや手狭。立地の制限が大きいのでしょうか。 「シャミネ」にあたるエリアになるのか、土産物屋などが並ぶ区画があります。
改札口。有人改札に駅員が並ぶ光景も、特にJRでは珍しくなりました。 改札内に階段があります。短い距離ですが絵図カレーたーもあります。
改札からホームへの「中二階」。何がしかの展示があることもあります。 ホームは2面4線。1番から黄緑、朱、青、黄の柱の塗り分けがありますが、特に番線案内には利用されていません。
駅データ
駅名 松江(まつえ)
所在地 島根県松江市朝日町
隣駅 ←東松江 乃木→
備考  
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲山陰本線の駅INDEXへ