▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲大井川鐵道の駅INDEXへ
神尾 KAMIO
市街部を外れた川沿いの山中の駅。駅の周囲に人家はなく、駅名の神尾の集落は北東に1キロ以上外れており、また大井川対岸に神座という大きな集落がありますが至近に橋がありません。駅利用者が初めに置いたとされる信楽焼のタヌキの置物が名物なっています。

駅舎のない駅です。ホームは1面2線。上屋のない、狭いホームです。ホームが狭いのでベンチなどは置かれていません。(H20.4撮影)
駅前。車の入れる道路は通じていますが、風景的には完全に秘境駅です。 駅前にある一軒の人家、に見えますが、鉄道施設か駅員宿舎ではないでしょうか。いずれにせよ現在廃屋のようでした。
ホームへの入口の通路に待合所があります。 駅名標には「たぬきの里」下車駅の案内。何かあるわけではなく、駅周囲のタヌキの置物を差しているようです。
特に何も置かれていないホームですが、ホーム端にたぬきの置物があります。 ホームからの眺め。大井川の眺めが雄大です。
駅データ
駅名 神尾(かみお)
所在地 静岡県島田市神尾
隣駅 ←五和 福用→
備考 神尾駅たぬき村へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲大井川鐵道の駅INDEXへ