▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲大船渡線の駅INDEXへ
陸前高田 RIKUZEN-TAKATA
岩手県太平洋岸南端の街、陸前高田市の代表駅。広田湾に面した、三陸海岸沿いでは最大級の平野部に位置しますが、この地形が災いし東日本大震災では都市中心部が津波の直撃を受け、壊滅的な被害が出てしまいました。

市代表駅としてはやや小ぶりとは言え、大きな木造駅舎です。背後に水田が広がりますが市街地は主に駅前側に展開しているため、寂しい立地ではありません。しかし津波被害により駅・駅舎諸共に周辺は壊滅状態となってしまいました。(H18.8撮影)
駅前にはロータリーがありました。 駅舎入口のアップ。行燈式の駅名表示がありました。
駅舎内。スペース的には標準的な規模。窓口下に港町らしい魚の写真。カツオとアカマンボウのもの。 ホームは2面2線。路線全体が北から東へ転進する地点で、構内もカーブしていました。
2番ホームには千本松原をイメージしたような東屋と植栽が。待合「室」も別にありました。 2番ホームにはこのような古い水飲みもありました。
駅データ
駅名 陸前高田(りくぜんたかた)
所在地 岩手県陸前高田市高田町
隣駅 ←竹駒 脇ノ沢→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲大船渡線の駅INDEXへ