▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲大船渡線の駅INDEXへ
上鹿折 KAMISHISHIORI
宮城県内最北の駅。山間部の、小学校のある小さな集落にあり、開業後2年弱は終着駅でした。駅の震災被害は特になかったようです。

ピンクのレンガ調の意匠が可愛らしい簡易駅舎。平成18年に改築され、それ以前は木造駅舎がありました。(H19.8撮影)
駅前の様子。駅舎前の階段がホームへの入口。旧駅舎時代はあの階段が改札口に面していました。 駅舎を背にした、駅前。長閑な風景ですが、地図から想像するより賑やかに思えます。
駅舎内はベンチ1つ分のキャパです。冬が心配ですが、利用者もどの程度あるのか…。 ホームは2面2線。県境の峠区間の、交換設備的な意味合いもある駅なのでしょう。
両ホームは構内踏切で結ばれます。若干千鳥配置のため、ホームへの通路が長いです。 駅舎側に留置線もあります。保線用に使用されているようです。
駅データ
駅名 上鹿折(かみししおり)
所在地 宮城県気仙沼市上東側根
隣駅 ←鹿折唐桑 陸前矢作→
備考 旧駅舎へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲大船渡線の駅INDEXへ