▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲大船渡線の駅INDEXへ
鹿折唐桑 SHISHIORI-KARAKUWA
唐桑半島基部南岸の住宅地の駅。鹿折駅として開業しましたが、唐桑半島への観光拠点として、国鉄時代に改称されています。細長い気仙沼湾の奥部に面するため東日本大震災では津波で大型漁船が駅前に流れ着くなど大きな被害が出ています。

ごくシンプルな形状の木造駅舎です。駅前はそれなりに広く取られており、オブジェを中心としたロータリーがあります。津波で被災するも倒壊は免れましたが、倒壊の危険があるため再使用されるかは不明です。(H18.8撮影)
駅舎入口。「鹿折唐桑駅を愛する会」への簡易委託駅でしたが、現在無人駅です。 駅舎内。この時点で窓口は「一時休止」の案内がありましたが、この1か月後に委託廃止となりました。
「愛する会」の寄贈か、駅図書が大量にありました。委託廃止でこれらもなくなっていたようです。 ホームと駅舎の間に大きな段差があり、階段がありました。津波でここに車が数台漂着していました。
ホームは1面1線。上屋はありませんがベンチが置かれています。 複線用地のような空き地がありました。奥の道路も合わせ、かつての構内だったのかもしれません。
駅データ
駅名 鹿折唐桑(ししおりからくわ)
所在地 宮城県気仙沼市新浜町1
隣駅 ←気仙沼 上鹿折→
備考 旧駅名:鹿折
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲大船渡線の駅INDEXへ