▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ
大糸線(JR西日本)
大糸線が最後の活躍の場となったキハ52(頸城大野駅)
篠ノ井線松本からフォッサマグナに沿って日本海岸のえちごトキめき鉄道糸魚川までを結ぶ路線。うち南小谷から糸魚川までをJR西日本が管轄しています。糸魚川口は国鉄大糸北線として敷設、信濃鉄道から国有化された大糸南線とともに両方向から延伸、昭和32年に全通し大糸線となりましたが、現在電化のインフラの差、所属会社の分離などから定期の直通列車はありません。
平成7年の集中豪雨により長野新潟県境付近が寸断され、存続を危ぶむ声も上がりましたが、2年後の平成9年にめでたく復興しています。大変な難工事の末の復興でしたが、平成9年の長野オリンピックの後押しもあったのでしょう、分断された信越本線とは対照的な結果となりました。スキーシーズンには関西方面から北安曇地方へのルートの一つとして活用もされ、スキー臨も多く運転されましたが、JR西日本管轄の非電化区間は運用の障壁となっています。わずかな区間ではありますが、トンネル断面のサイズなどの諸問題により、電化開業は実質的に不可能なようです。

駅名 駅舎 所在地 のりかえ
代表駅 市区町村 都道府県
南小谷  木造 小谷村 長野県 大糸線(JR東日本)
中土  木造     
北小谷 木造    
平岩 RC/S   糸魚川市 新潟県  
小滝  木造    
根知  木造    
頸城大野  木造    
姫川  なし    
糸魚川 橋上 北陸新幹線(JR西日本)えちごトキめき鉄道
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
<凡例> 代表駅;■(都道府県代表駅)、●(市区代表駅)、○(町村代表駅)、△(町村代表駅「らしき」駅)
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ