▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲のと鉄道廃線区間の駅INDEXへ
松波 MATSUNAMI
平成の合併前の、かつての内浦町の代表駅。近辺の駅に比べると賑わいのある立地ですが、町の中心からはややはずれており、中心地区の隅にあります。

鉄筋コンクリート造の駅舎。駅舎は築堤上にあるため駅前からは階段があります。駅舎は内浦町の物産案内所併設です。(H16.2撮影)
駅前の看板。能登線の名物駅恋路駅は無人駅のため、国鉄時代から恋路駅絡みの記念切符はこの駅で販売されています。 駅舎入口。階段から僅かばかりのアプローチがあります。
駅舎内の切符売場と売店。切符売場では様々な記念切符が展示・販売されています。 松波駅に限らず、のと鉄道では省力化のため改札は行っていません。検札は全て車内で行います。
ホームは1面2線。小さいながら上屋もかかります。 松波駅に停車中の「リバイバル能登路号」。長きに渡り金沢と奥能登を結んだ急行列車でした。
駅データ
駅名 松波(まつなみ)
所在地 石川県珠洲郡内浦町字松波
隣駅 ←九里川尻 恋路→
備考 「廃線・廃駅」H28.6時点の駅跡
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲のと鉄道廃線区間の駅INDEXへ