▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲のと鉄道の駅INDEXへ
西岸 NISHIGISHI
ようやく七尾線が海岸の際に出たあたり、海を見下ろす小さな集落にある駅。この長閑さは沿線でも比類ありません。

かなり老朽化して凄みすら感じさせる木造駅舎。酒屋さんの裏手に佇んでいます。(H17.4撮影)
駅舎内。窓口、手荷物扱い窓口跡がありますが、無人駅です。 駅舎裏側。古い駅名標がいい味出しています。木枠の窓がモスグリーンに塗られ、補修当初は派手な駅舎だったのでしょう。
ホームは駅舎レベルより一段高く、その上り口付近は植栽が整備されています。 ホームは2面2線。構内踏切で結ばれています。
構内踏切へと続く通路の脇には保線車両が休んでいます。 駅裏手には緩やかな斜面の田園地帯です。
駅データ
駅名 西岸(にしぎし)
所在地 石川県七尾市中島町外
隣駅 ←能登中島 能登鹿島→
備考  
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲のと鉄道の駅INDEXへ