▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲のと鉄道の駅INDEXへ
田鶴浜 TATSURUHAMA
建具とみそ饅頭の町田鶴浜町の代表駅(現在は七尾市)。時刻表路線図では海沿いを行くように見える七尾線ですが、JRから離れてようやく海に近づいてきました。

コンクリートブロック造の駅舎。今は無人駅です。国道からやや入り込んだ位置にあります。(H17.4撮影)
駅舎前に立つ2本の蘇鉄がなんとはない南国ムードを。 駅舎内。窓口は閉鎖されています。この右手に待合スペースがあります。
駅舎裏側。ホームはこの付近のみ上屋がかかっています。この駅は、どことはなくこの付近がノスタルジックで好きなのですが、その要素はなんなのか自分でもわかりません。 ホームは2面2線。のと鉄道のホームには大体のと鉄道タイプの青い駅名標とこのような国鉄時代そのままの駅名標が1基ずつ立っています。
ホームはかなり長く、右手の上りホームなどは足し増しした形跡すらあります。かつては穴水で分割併合する長編成の急行列車が停車しましたが、今は無用の長物。 跨線橋からの構内。跨線橋は波板張りですがスタボロで、至るところに穴が開いています。
駅データ
駅名 田鶴浜(たつるはま)
所在地 石川県七尾市田鶴浜町
隣駅 ←和倉温泉 笠師保→
備考  
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲のと鉄道の駅INDEXへ