▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ ▲七尾線の駅INDEXへ
宇野気 UNOKE
「平成の合併」により晴れて市代表駅となった駅。合併前の町名は「宇ノ気町」。駅名とは表記が異なっていました。また合併に前後して特急停車駅にもなりました。

鉄筋コンクリート造の駅舎。市代表駅に恥じない立派な駅舎です。駅前はロータリーが整備され、地元の哲学者西田幾多郎の銅像があります。(H24.6撮影)
駅舎内。改札口は折り戸で閉鎖できるようになっています。 改札のホーム側。大きな上屋がかかることもあり、中々立派なホームです。
ホームは2面2線。2番ホームはちょっと簡素なつくりです。 跨線橋から。普通列車が対向の通過特急を退避中。
西口。建物自体に駅名表示はなく、「かほく市ふるさと館」と書かれています。 西口駅舎内。窓口はありますが改札はしていないようです。
駅データ
駅名 宇野気(うのけ)
所在地 石川県かほく市森
隣駅 ←能瀬 横山→
備考   
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲七尾線の駅INDEXへ