▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ ▲七尾線の駅INDEXへ
能瀬 NOSE
津幡町北部にある駅。駅舎は新しい住宅地の中にあり、窮屈で目立たない立地。ホームは交通量の多い国道に面しています。

中津幡駅に似た構造のぞんざいな駅舎。通路は一応波板で覆われ、下部がコンクリートブロック造である分、しっかりしてはいのでしょうか。(H17.2撮影)
「泣いて」しまっている駅名表示。 「駅舎内」には券売機、ベンチ、喫煙所が押し込められています。こんな駅ですが元々窓口があったようです。
ホームは低い土手にあり、駅舎よりは少し高くなっています。 1面1線のホーム。目の前は国道バイパスが整備され、ホームから渋滞を見下ろすことは少なくなったようです。
あの駅舎に待合機能は望むべくもなく、ホームに上がったところに大きめの待合室があります。 待合室内。長椅子が設置されています。
駅データ
駅名 野瀬(のせ)
所在地 石川県河北郡津幡町字野瀬
隣駅 ←本津幡 宇野気→
備考  
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲七尾線の駅INDEXへ