▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ ▲七尾線の駅INDEXへ
本津幡 HONTSUBATA
七尾線が民鉄線として敷設された際の起点駅で、かつての「津幡駅」。津幡町の中心は津幡駅よりむしろこちら。「本」を名乗ったのはそのプライドでしょうか。しかし市街域の縁に位置する立地なのはご愛嬌。

木造駅舎。七尾線電化時に車両と同じ青とピンクに塗られたようですが、かなり色褪せています。周辺環境もちょっと沈降気味。(H16.6撮影)
近頃駅前が整備されましたが、駅舎はまだこの状態。再塗装するのか、改築計画でもあるのか…。 駅舎内。委託駅員が出札します。街の中心に近い駅なので賑わっていることが多く思われます。
ホームは2面2線でかなり曲がっています。七尾線が津幡駅で県都金沢と順方向に接続するために、津幡駅から既設だったこの駅まで大きく弧を描いているのがその要因でしょう。 同じ津幡町内、北陸本線の倶利伽羅駅と同じ跨線橋です。
駅舎に接しない2番ホームにも瓦屋根の待合室があります。 構内上り方向。この奥で路線は町を避けるように山裾に沿って大きく右旋回し、北陸線上を目指します。
駅データ
駅名 本津幡(ほんつばた)
所在地 石川県河北郡津幡町字清水
隣駅 ←中津幡 能瀬→
備考  
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲七尾線の駅INDEXへ