▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲京都丹後鉄道の駅INDEXへ
網野 AMINO
新生京丹後市の駅で、以前の網野町の代表駅でした。付近には琴引浜という鳴き砂の海岸があります。また宮福線からの直通特急はこの駅で転回します。駅愛称は「静御前と乙姫の里駅」です。

帆船をイメージしているのか、線内でも独創的な駅舎。「船室」部分には丸い窓が並びます。駅前には広い駐車・取り回しのスペースがあります。(H27.6撮影)
駅名は入口前の小屋根と、新設の木製駅名板、ドア脇のレリーフのようなものと3つあります。 駅舎内。出札窓口が営業しています。簡易券売機があります。
待合室は改修され、市の観光情報センターが入りました。キヨスクはなくなりました。
大きくカーブしたホーム。2面3線です。 2・3番線の乗り場。ベンチ上には海の写真が大きく掲げられています。
駅データ
駅名 網野(あみの)
所在地 京都府京丹後市網野町下岡
隣駅 ←峰山 夕陽ヶ浦木津温泉→
備考 KTR時代の網野駅へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲京都丹後鉄道の駅INDEXへ