▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲気仙沼線の駅INDEXへ
南気仙沼 MINAMIKESENNUMA
市代表駅気仙沼駅が内陸の、やや町はずれにあるのに対し、気仙沼湾の入口付近の市街部にある駅。賑やかな環境でしたが、この立地が災いして津波の直撃を受け、気仙沼市街の被害の中心となってしまいました。

やや小ぶりながら中枢駅らしい平屋建てのコンクリート駅舎。駅舎中央の車寄せは旅行センターのもので、駅入口はこの右でした。駅舎には鮫のイラストがペイントされていました。津波により周辺諸共駅舎も流失してしまいました。(H19.8撮影)
駅舎入口。駅舎本体の軒下があるものの、車寄せはなく、ちょっと目立たない入口でした。 駅前には立派なロータリーや駐車帯がありました。
駅舎とホームはやや離れていました。カーポートのような上屋のある通路が延びていました。 ホームは1面1線です。
駅舎とホームが遠いのは、間に副本線跡があったことが理由の一つ。ホームは元々両面でした。 構内には留置線もありました。レールもかつてはもっと多かったようです。
駅データ
駅名 南気仙沼(みなみけせんぬま)
所在地 宮城県気仙沼市仲町2
隣駅 ←松岩 不動の沢→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲気仙沼線の駅INDEXへ