▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲気仙沼線の駅INDEXへ
大谷海岸 OOYAKAIGAN
国道沿いの駅で、道の駅を併設を併設します。大谷駅として開業しましたが、現駅名のとおり海沿いにあり、駅舎と海水浴場が直結する、日本一海水浴場に近い駅です。

道の駅「大谷海岸」と共用の合築駅舎。「はまなすステーション」という名の施設です。東日本大震災では海が真裏にありますが、部分損壊だったようです。ただし地盤沈下が著しく復旧は移転を視野に入れるものとなるようです。(H19.8撮影)
駅入口。道の駅と、入口は特に分けられていません。 駅舎内。突き当りがホーム入口。僅かばかりのベンチが置かれます。小さな窓口もありますが使用していなさそうでした。
ホームは1面1線。左上に僅かに写るのが海水浴場への跨線橋です。 ホームには「WELCOME OYAKAIGAN」の文字があり、中央にマンボウの絵が描かれています。
跨線橋から見た大谷海岸。ホーム・線路とは防風林を隔てた程度です。 駅舎地下に水槽があり、本物のマンボウがいました。
駅データ
駅名 大谷海岸(おおやかいがん)
所在地 宮城県気仙沼市本吉町三島
隣駅 ←小金沢 陸前階上→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲気仙沼線の駅INDEXへ