▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲気仙沼線の駅INDEXへ
志津川 SHIZUGAWA
南三陸町の代表駅で、中間主要駅の一つ。志津川湾の奥、北西岸に面し、町代表駅らしい賑わいがあります。東日本大震災で津波に被災し、駅を含む町の中心地区が壊滅的被害を受けました。現在は約1キロ内陸側に移転してBRT駅として新築されています。

コンクリート造平屋建ての駅舎。平成20年に部分的な改修を行っており、外装では入口周りの形状と庇の色が変更されました。(H21.4撮影)
改修された入口周り。魚のデザインや上部の英字駅名などはその時に付けられました。 駅舎内。有人駅でしたが朝晩は無人となりました。無人時間帯は駅舎自体が閉鎖されました。
改修後の駅舎にも売店は残りました。キヨスクではなく地元の個人商店のようでした。物産販売もありました。 ホームは築堤上で、駅舎からは地下道を介しました。突き当りに海の絵が描かれていました。
ホームから見た駅舎。夜間は夜間出入口として駅舎左手の柵が開放されました。ちなみに画像中央にあるのが防災対策庁舎だと思うのですが。 ホームは2面3線です。主に1・2番を使用し、3番は予備的に退避や転回列車に使用されていました。
3番ホームの裏手に「4番線」は除雪車留置線か、車庫付きの行止り線がありました。延伸は路盤自体なく不可能のようでした。 改修工事前の駅舎。大きな工事でもありませんでしたが、そこそこ印象が異なっています。(H19.8撮影)
駅データ
駅名 志津川(しづがわ)
所在地 宮城県本吉郡南三陸町志津川
隣駅 ←陸前戸倉 清水浜→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲気仙沼線の駅INDEXへ