▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲釜石線の駅INDEXへ
洞泉 DOSEN
仙人峠から海沿いの街釜石の市街部へ向け、峠をほぼ降り切ろうかという地点の駅。周辺人家も増えつつある立地です。鍾乳洞を連想させる駅名ですが、特に周囲にはないようです。

駅舎のない駅です。ホームは1面1線です。ホームにお馴染みのトンガリ屋根の待合室があります。(H17.8撮影)
国道からも駅の入口。国道より駅はやや高く、急坂があります。 駅前には広い広場があります。学校のグラウンドのようです。もちろん駅舎もここにあったのでしょう。
駅入口にはお馴染みのアーチ。しかしこれもこの駅がラストです。 ホーム中央には大きめの植栽が並びます。
ホームは元々両面ホームだった痕跡が分かります。 エスペラント語の駅愛称板。この駅は「ヴェルヴォイ(鹿)」です。
駅データ
駅名 洞泉(どうせん)
所在地 岩手県釜石駅甲子町第4地割
隣駅 ←陸中大橋 松草→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲釜石線の駅INDEXへ