▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲常磐線の駅INDEXへ
広野 HIRONO
広野町の代表駅。「今は山中今は浜」の童謡「汽車」の車窓が展開し、フレーズラストの「広野原」は当地を指すとの説があります。H24現在、以北は福島第一原発警戒区域に入るため、いわき口の列車はここで折り返しています。

瓦屋根の木造駅舎。近辺の町村代表駅に比べやや小ぶりな駅舎です。ただ造型の「素直さ」は近辺の標準仕様です。(H22.9撮影)
駅舎内。待合のベンチがありますが、窓口前にもつくり付けの木製ベンチがあります。そのためか券売機はありません。 駅舎内にあった童謡「とんぼのめがね」。作詞者額賀誠志が広野縁の人物で、上り列車の発車メロディに使用されています。
そしてホームには童謡「汽車」の句碑。こちらは下り列車の発車メロディに使用されています。 ホームは2面3線。現在いわき口の運行の終端となっているため、2番線のみ使用しています。
林立する煙突は広野火力発電所のもの。 エース「スーパーひたち」が到着。一部は停車していました。(現在この区間は運休中)
駅データ
駅名 広野(ひろの)
所在地 福島県双葉郡広野町下浅見川広長
隣駅 ←末続 木戸→
備考 同名駅:福知山線
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲常磐線の駅INDEXへ