▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲常磐線の駅INDEXへ
内郷 UCHIGO
いわき市成立前の旧内郷市の代表駅。明治大正期には多数の炭鉱専用線が接続し、黎明期常磐線の象徴のような駅でしたが、それらも戦後に相次いで廃線となり、現在は一市内駅となっています。

やや大型の木造駅舎。入口に三角ファサードと車寄せがあり、そこに大型の駅名表示板があります。(H24.3撮影)
車寄せは天井がガラス張りのもの。結構新しいものなのでしょう。 駅舎内。耐震のためかなんなのか、中央に壁が1枚あります。
1番ホーム乗り場付近。上屋がかかります。 ホームは2面2線。跨線橋と、自由通路も跨線しています。
2番ホーム裏手には公道が面します。新しい住宅地は、かつてのヤード跡なのではないでしょうか。 跨線橋から見た構内。
駅データ
駅名 内郷(うちごう)
所在地 福島県いわき市内郷綴町榎下
隣駅 ←湯本 いわき→
備考 旧駅名:綴
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲常磐線の駅INDEXへ