▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲常磐線の駅INDEXへ
植田 UEDA
鮫川北岸、旧勿来市の中心地区にある駅。かつての市中心地区にあるため市役所支所など官公庁も多い立地です。常磐線の駅らしくかつては常磐炭鉱や大沼炭鉱への専用線が分岐していました。

コンクリート造平屋建ての国鉄的な駅舎。腰に水色の塗装があり、少し明るい雰囲気があります。駅舎の右手にトイレの区画が接続しています。(H24.3撮影)
駅舎内。コンコースは幅はありますが奥行きはなく、自動券売機も斜めに据えてあります。 駅舎ホームに接していません。左右の階段は上下方向へのそれぞれの通路です。
上り方面の1番ホームは駅舎との間に路盤跡らしき空間があります。駅舎からこのホームへ出る跨線橋もあります。 ホームは2面2線。大きくカーブしています。中線もあったような形跡があります。
2番ホームも裏手側に路盤跡があります。元々2面4線+中線と裏手に留置線という配線だったようです。 傾いて停車する列車。ホーム端にはドア閉めモニターもあります。
駅データ
駅名 植田(うえだ)
所在地 福島県いわき市植田町桜台
隣駅 ←勿来 泉→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲常磐線の駅INDEXへ