▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲常磐線の駅INDEXへ
磯原 ISOHARA
茨城県の北端北茨城市の代表駅で、戦後の合併前の磯原町の中心地区にある駅です。童謡作家野口雨情の生誕地で、駅の発車メロディも童謡「七つの子」を採用しています。

瓦屋根に木柱調のなまこ壁調の装飾のある和装の木造駅舎。入口にある装飾は当地の四季の名所の写真などが掲示されたものです。こちらは正面側となる東口です。(H24.3撮影)
こちらは裏手となる西口。方角的にはほぼ北を向いていますが。 西口のもう一つの入口。東口の駅前は広場ですが、西口前は小公園を中心としたロータリーです。
駅舎内自由通路。高い天井に天窓があり開放的。また瓦屋根の装飾があり、落ち着いた雰囲気です。 駅舎改札側。みどりの窓口設置駅です。
自由通路側に待合というか、ベンチが置かれます。窓の装飾は名所案内、上は野口雨情作詞の童謡の詞です。 ホームは2面2線。ホーム間はやや離れており、かつて中線があったのではないでしょうか。
駅データ
駅名 磯原(いそはら)
所在地 茨城県北茨城市磯原町磯原1
隣駅 ←南中郷 大津港→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲常磐線の駅INDEXへ