▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲常磐線の駅INDEXへ
日立 HITACHI
茨城県北部の中心都市日立市の代表駅。同名の総合電機メーカー創業の地として知られ、中長距離のビジネスユースも多いのではないでしょうか。かつては日立鉱山専用線が分岐しており、それは廃止されていますが、現在でも貨物駅を併設しています。

総ガラス張りと言って過言ではないシースルーの橋上駅舎で、平成23年の竣工です。こちらは海岸口で、実は裏口に当たります。駅前からは海岸段丘からの鹿島灘が見渡せます。(H24.3撮影)
海岸口は自家用車アクセス用のようで広い駐車帯があります。飛び出している通路が入口です。右手が海です。 こちらが正面口にあたる中央口。ただ地盤が海岸口より高いため駅舎が隠れることと、駅舎本体との間に貨物線を挟むため、施設としては突き詰めればただの入口です。
中央口側から見た駅舎本体。左隅の通路が中央口駅前の地盤レベルです。 駅舎の突き当りは海岸を見渡す展望デッキとなっています。右にはこの視界を誇る軽食屋も入っています。
改札窓口前のコンコース。ここもガラス張りです。待合は通路隅のベンチです。 ホームは2面3線です。
構内の中央口側に貨物ヤードがあります。留置線の向うには舗装された荷捌き場があります。 駅舎橋上化後も地平時代の跨線橋が残っています。閉鎖されていますが、業務用には使用しているようでした。
駅データ
駅名 日立(ひたち)
所在地 茨城県日立市幸町1
隣駅 ←常陸多賀 小木津→
備考 旧駅名:助川
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲常磐線の駅INDEXへ