▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲常磐線の駅INDEXへ
友部 TOMOBE
笠間市旧友部町地区の中心駅。旧笠間市は支線の水戸線沿線にあるためか、新生笠間市役所は旧友部町役場に置かれ、市役所最寄駅となっています。貨物取扱のある駅で、また水戸線の分岐駅でもあります。

平成19年竣工の大型の橋上駅舎。シンプルモダンな意匠で、雨よけとなる屋根の支柱がアクセントとなっています。こちらは正面側となる南口です。(H24.3撮影)
裏口に当たる北口。こちらは住宅地ですが、大きな工場もあります。 駅舎内。みどりの窓口があり、コンビニ売店なども入っています。
ホームは3面5線。常磐線が1〜3番の2面3線を使用します。 水戸線乗り場の4・5番。有効長の短いホームです。
1・2番線の間には2線の中線があります。 構内裏手側にはセメントプラントがあります。
構内裏手には留置線が多数あります。奥に見えるのはJTの工場で、専用線も延びています。 構内上り方。奥で左へカーブするのが常磐線で、水戸線は右手へ分岐しています。
駅データ
駅名 友部(ともべ)
所在地 茨城県笠間市友部駅前1
隣駅 ←岩間 内原→
乗換 水戸線 ←宍戸
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲常磐線の駅INDEXへ